« 記事を削除した事で残る疑問。。 | トップページ | 「世直れー、世直れー」 »

2008年7月17日 (木)

保太郎劇場

今、東洋町長ブログが活況というか、吉凶というか、佳境にはいってます。町長のブログを最初から全部読み返すと面白いこと請け合いです。

雄弁だとか、熱弁だとか、思う方もおられるでしょうが、JAROに訴えられてもおかしくない。(広告じゃないので受け付けてくれるわけはないですが。)

こちらでは、東洋町長のブログについて過剰に反応する書き込みもありますが、その都度、冷静に的確に指摘する書き込みも多々あります。

請求書の波紋 議会のやりとり

私には東洋町長のブログは、 誇張、詭弁、責任転嫁、権力の乱用のオンパレードに見えます。

私が、東洋町長ブログについて、あまり書かなくなったのは、あまりにも際限なく繰り返される、それらの記事に付き合いきれなくなったからです。

仕事が忙しくなった事もありますが。。

議会にも住民にも、暴走する独裁者を止める決め手に欠きます。それは、東洋町長が大罪人ではないからです。

彼の根底には、権力、実力者への恨み辛みが見え隠れします。

その行動が、グレーゾーンを一歩はみ出した、一介の長としてはあるまじき、政敵、私人を対象とした個人攻撃と取られかねない、小事なことが多いからです。

もちろん攻撃を受けた個人にとっては大事件、大ダメージです。

最近更新された、小松氏のブログを見てもわかりますが、一つ一つ、潰すには、東洋町長の行動の小ささに対して、あまりにも労力がかかりすぎる。

東洋町民の皆様には同情を禁じえません。

しかしながら、自己責任という観点から言えば、自ら選んだリーダーですから、自らの手で責任を果たすしかありません。

曲がりなりにも民主主義国家なので、議会、住民が立ち上がらないことには何も変えることはできません。


応えは 風に聴け。。

|

« 記事を削除した事で残る疑問。。 | トップページ | 「世直れー、世直れー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/417630/22357699

この記事へのトラックバック一覧です: 保太郎劇場:

« 記事を削除した事で残る疑問。。 | トップページ | 「世直れー、世直れー」 »